故野中氏おいの応援迫った疑い 京都・南丹市長選、公社代表理事を逮捕

京都府警本部=京都市上京区
京都府警本部=京都市上京区

10日投開票の京都府南丹市長選をめぐり、道の駅の契約業者に候補者の選挙運動をするよう迫ったとして、京都府警は11日、公選法違反(選挙の自由妨害)の疑いで、落選した無所属新人、野中一秀氏の選挙対策副本部長で公益財団法人園部町農業公社代表理事の佐々谷吉美容疑者(81)=南丹市園部町=を逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は3月中旬ごろ、法人が指定管理者を務める南丹市の「道の駅京都新光悦村」で自身の立場を利用し、販売委託契約を結ぶ複数の業者に野中氏の選挙運動をするよう迫ったとしている。

府警によると、法人は業者の施設利用に対する認証や停止を決定する権限を持っていた。

野中氏は自民党元幹事長の故野中広務氏のおい。

会員限定記事会員サービス詳細