現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

4月10日

6歳の照美は、人から親切にされてもうまく笑えない。両親は早くに別れ、父に引き取られた。

▼「ありがとう」と言えないのは、同情を拒み、自立を望んでいるからだ。〈たとえどんなにいいことにしろ、それを知るべき年齢よりも早くそれを知れば、それは悲劇の色しか帯びない〉(『化粧と口笛』川端康成)。この一節が哀調を帯びて響くのは、現代にも似たような境涯に悩み、苦しむ子供がいるからかもしれない。

▼家庭の事情で、親に代わり家事や幼いきょうだいの世話を担うヤングケアラーである。周りの大人に「偉いね」とほめられ、意気に感じた子供は親の役割に近づくため無理にでも頑張ろうとする。大人たちの賛美はしかし、子供の逃げ場を奪いかねない―。『ヤングでは終わらないヤングケアラー』(仲田海人、木村諭志編著)という一冊にそう教わった。

ランキング

  1. 【国防解体新書】(2)敵の政治指導者を翻弄 「認知戦」が始まった 社会部編集委員・半沢尚久

  2. 【産経抄】5月21日

  3. 【浪速風】無関心を恐れよ

  4. 【主張】ミャンマーの混迷 危険への歩み見過ごすな

  5. 【主張】誤給付問題 町も法も時代に追いつけ

  6. 【緯度経度】韓国新政権の歴史的決断 黒田勝弘

  7. 【正論】朝鮮民族は日本人が考えるような甘い民族ではない 韓国が企てる統一への反日戦略とは… 古田博司

  8. 【主張】処理水の海洋放出 妖怪「風評」の根を絶とう

  9. 【産経抄】5月20日

  10. 【宮家邦彦のWorld Watch】コロナとテロとゴルゴ13

会員限定記事