パイレーツ筒香、感覚良く2安打2打点

カージナルス戦の7回、安打で出塁後、後続の二塁打で三塁へ向かうパイレーツ・筒香=セントルイス(共同)
カージナルス戦の7回、安打で出塁後、後続の二塁打で三塁へ向かうパイレーツ・筒香=セントルイス(共同)

パイレーツの筒香は2安打2打点と好調を保ち「打撃の感覚は日に日に良くなっている」と振り返った。相手の先発は元巨人のマイコラス。2016年にクライマックス・シリーズで対戦し、DeNAの主砲として逆転本塁打を放っていたが「試合前に映像で見て、投球スタイルや球種が違った」と気持ちを引き締めて臨んだ。

一回無死満塁から犠飛で先制点と今季初打点をたたき出し、三回一死二塁では変化球を左翼へ運んで再び走者を迎え入れた。七回にも左前打を放って、2試合連続の複数安打。メジャー3年目はいい手応えでスタートしたがチームは連敗とあって「もっといい方向に持っていければいい」と淡々と話した。(共同)

関連・鈴木3打点、カブス大勝、大谷3三振、筒香2安打

会員限定記事会員サービス詳細