気になる!

文庫『ほいきた、トシヨリ生活』

著者は昭和21年生まれ、1人暮らし歴40年以上のコラムニスト。古希を過ぎた「バリバリのバアサン」として、「愉(たの)しきトシヨリ生活」を探求する日々を軽妙につづったエッセー。

指針にしたいアッパレな先輩たち、味わい深い老人映画の数々、部屋着からステッキまでさまざまなバアサン・ファッションを紹介する。さらに習字・絵や高校教科書、アイボ、メール句会、若い頃は「ケッ」と思っていた自分史など、豊かな老後のための実践と提案が次々登場する。

わが身へのヒントを探しつつ、縦横無尽、抱腹絶倒の文章に引き込まれた。(中野翠著、文春文庫・781円)

会員限定記事会員サービス詳細