韓国次期大統領、8閣僚指名 外相発表は見送り

10日、ソウルで新政権の閣僚候補を発表する韓国の尹錫悦次期大統領(中央)(聯合=共同)
10日、ソウルで新政権の閣僚候補を発表する韓国の尹錫悦次期大統領(中央)(聯合=共同)

【ソウル=時吉達也】5月10日の新政権発足を1カ月後に控え、韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)次期大統領は10日、経済担当の副首相や国防相など閣僚8人を指名した。国会の人事聴聞会を経て正式に任命される。

懸案の多い日韓間の協議を担う外相について、韓国メディアでは現在の最大野党で次期与党の「国民の力」の朴振(パク・ジン)議員の内定が報じられているが、この日は発表が見送られた。残る閣僚についても週内に発表される見通し。

国防相に指名された李鐘燮(イ・ジョンソプ)元合同参謀本部次長は10日の会見で、「国防の革新を誠実に進め、外部の脅威を確実に抑制できるようにする」と抱負を述べた。

会員限定記事会員サービス詳細