勤務署の机に覚醒剤を隠し持つ 警部補を逮捕 警視庁

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

職場の机の引き出しの中に覚醒剤を隠し持っていたとして、警視庁は10日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、浅草署組織犯罪対策課の警部補、中川一政容疑者(51)=東京都足立区西綾瀬=を現行犯逮捕した。「簡易検査の教材用に使おうと思って所持していた」などと容疑を認めているという。

警視庁によると、今年3月、「(中川容疑者が)職場の事務机の中に覚醒剤を所持している」などと情報提供があり、本部の薬物銃器対策課が調べを進めていた。今月10日午前、当番のため出勤してきた中川容疑者を立ち会わせるなどして、カギのかかった引き出しを開け、覚醒剤を確認した。

中川容疑者は勤続28年のベテランで、大半を組対部門に身を置き、薬物捜査の経験もあるという。警視庁は、入手経路や所持目的などの調べを進める。

警視庁の大嶌正洋警務部参事官は「警察官としてあるまじき行為で、極めて遺憾。今後、捜査を徹底し厳正に対処したい」などとコメントした。

会員限定記事会員サービス詳細