見田宗介さんが死去 社会学者、東大名誉教授

見田宗介さん
見田宗介さん

学問分野の壁を越えて、現代社会の構造や心理を分析した社会学者で東京大名誉教授の見田宗介(みた・むねすけ)さんが1日午後2時33分、敗血症のため死去した。84歳。東京都出身。葬儀は近親者で行った。喪主は妻仁子(ひとこ)さん。

専門は現代社会論、比較社会学。「現代日本の精神構造」「価値意識の理論」などの著作で、日本の社会構造を理論的に究明。幅広い視点に立った独自の考察は「見田社会学」と呼ばれた。

世界を旅した経験を踏まえ、近代の後の世界と生き方を構想した「気流の鳴る音」などを真木悠介の筆名で発表。他の著書に「現代社会の理論」「社会学入門」など。

会員限定記事会員サービス詳細