フォト特集

佐々木朗が完全試合 日本新13連続K&日本タイ19Kも

ロッテーオリックス 完全試合を達成し、ガッツポーズのロッテ・佐々木朗希 =ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)
ロッテーオリックス 完全試合を達成し、ガッツポーズのロッテ・佐々木朗希 =ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)

プロ野球ロッテの佐々木朗希投手(20)が10日、千葉市のZOZOマリンスタジアムで行われたオリックス3回戦で史上16人目、16度目の完全試合を達成し、13者連続奪三振のプロ野球新記録も樹立した。

プロ野球での完全試合は1994年5月18日に巨人の槙原寛己が広島戦でマークして以来28年ぶりで、指名打者制のあるパ・リーグでは78年8月31日に阪急の今井雄太郎がロッテ戦で果たして以来44年ぶり。

打者27人から19三振を奪い、95年に野田浩司(オリックス)がマークした1試合最多記録に並んだ。連続奪三振はこれまで57年の梶本隆夫(阪急)と58年の土橋正幸(東映)の9が最多で、大幅に塗り替えた。

驚異の13連続奪三振

オリックス戦の1回2死からプロ野球新記録の13者連続奪三振を達成したロッテの佐々木朗希投手。上から吉田正、ラベロ、福田、西村、紅林、福永、宜保、後藤、バレラ、吉田正、ラベロ、福田、西村=10日、ZOZOマリンスタジアム
オリックス戦の1回2死からプロ野球新記録の13者連続奪三振を達成したロッテの佐々木朗希投手。上から吉田正、ラベロ、福田、西村、紅林、福永、宜保、後藤、バレラ、吉田正、ラベロ、福田、西村=10日、ZOZOマリンスタジアム



会員限定記事会員サービス詳細