水星には大量のダイヤモンドが存在するかもしれない:研究結果

水星の表面には大量のダイヤモンドが存在する──。そんな可能性が、このほど発表された研究で明らかになった。降り注いだ隕石の衝撃で地表の炭素がダイヤモンドに変わった可能性があるといい、数年後に到着する新たな探査機によるさらなる調査が期待されている。

誕生したばかりのころの水星が波乱に満ちた状況にあったにもかかわらず(もしくはそのおかげで)、そこにはダイヤモンドに埋め尽くされた世界が広がっているかもしれない。最近の研究によると、水星の大部分を覆っている黒鉛に衝突した隕石が砕けだことで、ダイヤモンドのかけらが生み出された可能性があるというのだ。

「隕石や彗星が衝突した際に発生する圧力が秒速数十キロメートルで水星の地表にぶつかったことで、黒鉛をダイヤモンドに変えているかもしれません」と、コロラド鉱山大学で地質学を研究するケビン・キャノンは語る。彼は最新の研究結果を、ヒューストンで開催された月惑星科学会議(LPSC)で3月10日(米国時間)に発表したところだ。「かなりの量のダイヤモンドが地表の下に隠れているかもしれません」

この研究からは、水星はただ太陽の周りを回っている熱い岩の塊ではなく、複雑な世界であることが明らかになった。キャノンやほかの研究者の発見は、水星の独特な地質学的歴史の詳細を明らかにし、たくさんの宝石が眠っている可能性も示している。

探査機が明らかにした水星の実態

水星は、太陽系にある小さな衛星のタイタンとガニメデより小さい。地球に換算すると88日で新しい年を迎え、1日が終わるまで59日かかるという。1日が長く1年が短い星として水星は知られているのだ。

日中の最高気温は金星に次いで高く、およそ430℃にも達する。一方で大気圏がないことから、夜間の気温はマイナス約170℃まで下がるという。

しかし、地質学的に水星を際立たせているのは、こうした驚かされるような数字ではない。それは水星に黒鉛として大量に存在する炭素と、約40億年前に隕石から受けた激しい衝撃である。

後期重爆撃期とも呼ばれる激しく隕石が降り注いだ時期に、水星には月の2倍もの隕石が衝突した。これにより地球の月は、完全にクレーターで覆い尽くされてしまったのである。

地球を含む太陽系の惑星と同じく、初期の水星はマグマの海に覆われており、次第に冷えて固まったことにより生まれた。しかし、水星がほかの星と異なる点は、溶けた岩の上に黒鉛の層が浮いてきたことである。

会員限定記事会員サービス詳細