ISSに初の民間団体客 米国など4人、10日間

8日、民間人4人を乗せて米フロリダ州のケネディ宇宙センターを出発するロケット(ロイター=共同)
8日、民間人4人を乗せて米フロリダ州のケネディ宇宙センターを出発するロケット(ロイター=共同)

米国などの民間人4人が8日午前、米スペースXのクルードラゴン宇宙船でフロリダ州のケネディ宇宙センターから国際宇宙ステーション(ISS)へ出発した。米企業アクシオムスペースによる10日間の旅で、民間人のみの団体がISSに滞在するのは初という。AP通信によると、米国やカナダ、イスラエルの投資家3人が乗客でそれぞれ5500万ドル(約68億円)を支払い、参加した。

船長は同社副社長で元NASA飛行士のマイケル・ロペスアレグリアさん。宇宙の商業利用を進める米航空宇宙局(NASA)も協力している。

8日、民間人4人を乗せ米フロリダ州のケネディ宇宙センターを出発するファルコン9ロケット(ロイター=共同)
8日、民間人4人を乗せ米フロリダ州のケネディ宇宙センターを出発するファルコン9ロケット(ロイター=共同)

8日午前11時17分、宇宙船を載せ出発したファルコン9ロケットは予定通りの軌道に宇宙船を投入。宇宙船は20時間余り飛行しISSに到着する。(共同)

8日、民間人4人を乗せて米フロリダ州のケネディ宇宙センターを飛び立つファルコン9ロケット(NASA提供、共同)
8日、民間人4人を乗せて米フロリダ州のケネディ宇宙センターを飛び立つファルコン9ロケット(NASA提供、共同)
8日、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられたファルコン9ロケット(NASA提供、共同)
8日、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられたファルコン9ロケット(NASA提供、共同)
8日、国際宇宙ステーションに向かう宇宙船内の民間団体客。壁際には無重力状態の指標として使うぬいぐるみが浮いている(ユーチューブより、共同)
8日、国際宇宙ステーションに向かう宇宙船内の民間団体客。壁際には無重力状態の指標として使うぬいぐるみが浮いている(ユーチューブより、共同)

会員限定記事会員サービス詳細