西0―0ソ 決め手欠いて引き分け

【プロ野球西武対ソフトバンク】7回途中、無失点で降板となったソフトバンク・東浜巨(中央)=ベルーナドーム(西武ドーム、撮影・尾崎修二)
【プロ野球西武対ソフトバンク】7回途中、無失点で降板となったソフトバンク・東浜巨(中央)=ベルーナドーム(西武ドーム、撮影・尾崎修二)

両チームとも決め手を欠き延長十二回、無得点で引き分けた。ソフトバンクは七、八回のチャンスを逃したが、7投手の継投で三塁を踏ませなかった。西武は打線が低調で散発4安打にとどまり隅田の好投も生かせなかった。

会員限定記事会員サービス詳細