金価格が連日の最高額8605円 安全資産需要

高騰する金価格(ロイター)
高騰する金価格(ロイター)

地金大手の田中貴金属工業(東京)は9日、金の販売価格を税込みで1グラム当たり前日より85円値上げし、8605円と決めた。国内の小売価格の指標としては2日連続で過去最高額を更新した。

ウクライナ有事の長期化不安が背景にあり、世界の金市況に応じて同社は連日で値上げした。

欧州で地政学的リスクが高まっており、金融市場や産業界で世界の景気に悪影響が及ぶと懸念されている。こうしたことから、価格に暴落の恐れがない安全資産とされる貴金属の金の需要が増えている。

会員限定記事会員サービス詳細