ウクライナ大使が講演 戦後復興に「日本の技術を」

講演するウクライナのコルスンスキー駐日大使=9日午後、神戸市中央区(木津悠介撮影)
講演するウクライナのコルスンスキー駐日大使=9日午後、神戸市中央区(木津悠介撮影)

ウクライナのセルギー・コルスンスキー駐日大使が9日、神戸市のNPO法人「インド太平洋問題研究所」(理事長、簑原俊洋神戸大大学院教授)で講演し、「前例のない規模で、ロシアへの制裁とウクライナへの支援が行われている」と、日本の取り組みに対する謝意を示した。

ウクライナ側はロシアの予想を上回る抵抗を続けていると強調し、「もしウクライナが敗北すれば、核兵器の拡散や中国の武力行使を助長する恐れがある」と指摘。「ウクライナは勝利するしかない」と訴え、「人類に必要なのは、どこの地域のどのような戦争も防ぐことのできる国際法に基づくシステムだ」と語った。

日本には復興支援を期待するとし、駐トルコ大使時代に日本企業が建設した橋を見学した際、高い技術を実感した経験を紹介。「日本の経験や技術を生かしてほしい」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細