追放の露外交官443人に 「史上最多規模」と英誌

東京都港区の在日ロシア大使館=8日午後
東京都港区の在日ロシア大使館=8日午後

ウクライナ外務省は8日、同国にロシアが侵攻を開始した2月24日以降、各国が追放したロシアの外交官らの総数は、日本政府による8人を含め443人に上ったと発表した。英誌エコノミストによると、400人超という今回のような大量の外交官追放は、史上最多規模。

ウクライナ外務省は「ウクライナへの連帯を示す行動だ」と歓迎し、ロシアにさらなる圧力を加えるよう各国に求めた。エコノミスト誌によると、対象となったのは大半がスパイを疑われる人物だが、リトアニアは大使を追放。追放準備を進めている国は他にもあるといい、さらに増加が続きそうだ。

国別で最多はポーランドによる45人。これに対する報復として、ロシア外務省は8日、ポーランドの外交官45人を国外追放することを決定し、13日までの出国を求めた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細