岸田首相が関西後援会を設立 参院選へ党勢拡大

神戸市内で関係施設の視察を終え、取材に応じる岸田首相=9日午後(代表撮影)
神戸市内で関係施設の視察を終え、取材に応じる岸田首相=9日午後(代表撮影)

岸田文雄首相は9日、大阪市内のホテルで、関西後援会の設立会合を開いた。財界関係者ら約250人が出席した。出席者によると、昨年の衆院選で自民党が候補を立てた大阪府の15選挙区で日本維新の会に敗北したことを踏まえ、夏の参院選に向け、関西での党勢拡大を訴えた。

会合後、首相は関西後援会長に就任した阪急阪神ホールディングスの角和夫会長や関西経済連合会の松本正義会長らとホテル内で会食した。

会員限定記事会員サービス詳細