フォト特集

AS、新演目の動きを確認 世界選手権へ練習公開

練習を公開したアーティスティックスイミング日本代表=9日、東京辰巳国際水泳場(鴨川一也撮影)
練習を公開したアーティスティックスイミング日本代表=9日、東京辰巳国際水泳場(鴨川一也撮影)

アーティスティックスイミング(AS)の日本代表が9日、世界選手権(6~7月・ブダペスト)に向けて東京辰巳国際水泳場で練習を公開し、デュエットのテクニカルルーティン(TR)では東京五輪代表の吉田萌(ザ・クラブピア88)と14歳の比嘉もえ(AS広島)が「女剣士」をテーマにした新演目の動きを繰り返し確認した。

メダルを逃した昨年の東京五輪で長年日本を率いた井村雅代ヘッドコーチが退任。新たに指揮を執る元日本代表の中島(旧姓小西)貴子氏は「先代が築いたものを踏襲しつつ、新しいものをつくり出したい。(五輪から)メンバーが変わるので、若い力を出していきたい」と語った。

ギャラリーページで見る

チームでも中心となる吉田は「引っ張る立場になって責任感が違う。練習で気付いたことは声をかけていきたい」と自覚を口にした。

会員限定記事会員サービス詳細