予選落ちの金谷 1打及ばず「諦めずにできた」 マスターズ

第2ラウンド、7番でティーショットを放つ金谷拓実。通算5オーバー=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
第2ラウンド、7番でティーショットを放つ金谷拓実。通算5オーバー=オーガスタ・ナショナルGC(共同)

最終18番、3メートルのバーディーパットがカップ手前で左に切れると、金谷は天を仰いだ。結果的に1打差で決勝ラウンドに進めなかった。

1番でボギーを打つと、3番(パー4)は「アゲンスト(の風)が強かった」と第2打でグリーンに届かず、3オン3パットのダブルボギー。4番もボギーとして、最初の4ホールで4打後退し「もう伸ばすしかない」と開き直ったという。

9番で4メートルを沈めるとガッツポーズ。強風の中で後半をパープレーにまとめ「最後まで諦めずにできた。頑張った」と納得した。次週の米ツアーにも出場予定で「いいプレーをしたい」と切り替えを図った。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細