空き地に女性遺体、別件逮捕の女が関与を供述 愛知

遺体が遺棄されていた現場=9日午後、愛知県東浦町
遺体が遺棄されていた現場=9日午後、愛知県東浦町

愛知県東浦町の空き地で女性の遺体が見つかり、県警が死体遺棄の疑いで捜査していることが9日、捜査関係者への取材で分かった。別の女性への強制性交容疑などで逮捕された男女2人のうち女の供述に基づき、県警が見つけた。県警は遺体の状況を詳しく調べるとともに、男女が死亡の経緯も把握しているとみて事情を聴く。

捜査関係者によると、遺体の身元は令和2年7月時点で同県稲沢市に住んでいた清掃作業員とみられ、39歳か40歳の時に事件に巻き込まれた。

遺体は今月4日、畑が広がる一帯の土の中から見つかった。県警は今月上旬、20代女性から現金を奪い、暴行したとする強制性交などの疑いで30代の女と50代の男を逮捕していた。女が遺棄事件への関与を供述したため、県警が捜索していた。

会員限定記事会員サービス詳細