那須川天心VS武尊 “世紀の決戦”フジテレビ生中継

ビッグマッチに臨む那須川天心と武尊(下)(フジテレビ提供)
ビッグマッチに臨む那須川天心と武尊(下)(フジテレビ提供)

RISE世界フェザー級王者の那須川天心と、K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者の武尊によるキックボクシングのカード「THE MATCH 2022」が6月19日に東京ドームで開催されるが、フジテレビ系列ではこの模様を「THE MATCH」(仮)として生中継することを決めた。

那須川がボクシングに転向することを決意し、団体の垣根を越えた“世紀の決戦”が実現する。イベントはK-1、RIZINを運営するドリームファクトリーワールドワイド、RISEの各代表が実行委員という形で運営。ルールは契約体重58キロ、3分3ラウンド+延長1ラウンドなどで行われ、ドローはない。

このほど行われた会見で、那須川は「テレビで僕の試合が放送されるのは、大みそかのRIZIN以来。新たな自分を見せていきたいし、新しい形の大会が地上波で放送されることもうれしい。何が何でも絶対に勝ちます」と力強い勝利宣言。

武尊も「地上波で放送される試合をしたい、K-1を地上波に戻すというのが僕の目標だったので生中継は本当にうれしい。初めて見る方々に“格闘技最高”と思っていただけるような試合をしたい」と抱負を語った。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細