宇都宮線車内暴行事件、男を起訴 鑑定留置が終了

宇都宮地検栃木支部は8日、JR宇都宮線の車内で喫煙を注意した男子高校生に暴行を加え重傷を負わせたなどとして、宇都宮市のホストクラブ従業員、宮本一馬容疑者(28)を傷害罪、強要罪などで起訴した。約2カ月間の鑑定留置で精神鑑定を行った結果、十分な刑事責任能力を有していたと判断。取り調べ中に検察官を脅迫したとして、公務執行妨害罪でも起訴した。

起訴状によると、宮本被告は1月23日正午過ぎ、走行中の宇都宮線車内で当時17歳の高校生に土下座を強要した上、殴る蹴るの暴行を加えて顔の骨を折る大けがを負わせたとしている。

また傷害容疑で逮捕後の2月1日、同支部での取り調べ中に「あんま人をばかにしたしゃべり方すんなよ」「暴れるとき、マジで暴れるぞ」「女には手上げへんけど、男には手上げるからな」などと男性検察官を脅迫したとしている。

同支部は宮本被告の認否について明らかにしていない。

事件は、公共交通機関での理不尽な暴力行為として注目を集めた。鑑定留置を行った理由について、捜査関係者は「あまりに悪質な犯行のため、裁判で弁護側は刑事責任能力の有無を争点にするしかない。その可能性を事前になくすためだろう」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細