名古屋の住宅火災、2人死亡 母娘か

名古屋市守山区の住宅火災で、愛知県警などは8日、女性2人が死亡したと発表した。県警は出火元の住宅に住む60代女性と30代の長女とみて確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

火災では8日午前4時45分ごろ、同区大森の住宅から煙が出ていると、近くの住民から119番があった。県警や消防によると、4人暮らしとみられ、他の2人は避難し無事だった。別に近所の80代女性が気分が悪くなり病院に運ばれたが、命に別条はないという。

現場は名鉄瀬戸線大森・金城学院前駅から南東約500メートルの住宅街で、付近に小学校もある。

会員限定記事会員サービス詳細