「中国めぐる諸課題」で連携確認 日米外相会談

ブリンケン米国務長官(左)と言葉を交わす林外相=7日、ブリュッセル(外務省提供)
ブリンケン米国務長官(左)と言葉を交わす林外相=7日、ブリュッセル(外務省提供)

先進7カ国(G7)外相会合などへの出席のため、ベルギー・ブリュッセルを訪問中の林芳正外相は7日、米国のブリンケン国務長官と会談した。ロシアによるウクライナ侵攻を受け、対露制裁や人道支援を進める方針とともに、「中国をめぐる諸課題」への対応で引き続き緊密に連携していくことで一致した。

両氏はロシア軍によるウクライナ市民の殺害について「国際人道法違反であり、断じて許されない」と非難。力による一方的な現状変更の試みをインド太平洋や東アジアで許さないため、緊密に連携していくことで一致した。北朝鮮による弾道ミサイル発射を受けた対応でも連携を確認した。

バイデン米大統領の来日と、豪州、インドを加えた4カ国(クアッド)による首脳会合の日本での早期開催など、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた協力でも一致した。

会員限定記事会員サービス詳細