2連覇狙う松山らが最終調整 マスターズ、今夜開幕

練習ラウンドでティーショットを放つ松山英樹=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
練習ラウンドでティーショットを放つ松山英樹=オーガスタ・ナショナルGC(共同)

男子ゴルフのメジャー第1戦、マスターズ・トーナメントは7日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCで開幕する。9年連続11度目の出場となる昨年覇者の松山英樹は開幕前日の6日、会場で最終調整し、蒸し暑い曇り空の下で1番から9番までを回った。

各ホールの複数の場所からアプローチやパットなどを入念に確認。3月上旬から首周辺に痛みを訴えていたが、2連覇を狙う本番に向け、力の入ったスイングを見せた。

2度目の出場となる金谷拓実はパット練習に時間を割き、初出場のアマチュア、中島啓太(日体大)もショットとパットの調整に余念がなかった。昨年2月の交通事故で右脚に重傷を負い、今大会がツアー復帰戦となる46歳のタイガー・ウッズ(米国)は大勢の観客が見詰める中で練習ラウンドを行った。

第1ラウンドは松山が7日午前10時45分(日本時間午後11時45分)にスタートし、ウッズは松山の1組前でプレーする。金谷は午後0時2分(同8日午前1時2分)にティーオフし、中島はその約30分後に競技を開始する。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細