林外相「中国はロシアを批判していない」と名指し批判

NATOとパートナー国の会合に臨む外相ら=7日、ブリュッセル(外務省提供、共同)
NATOとパートナー国の会合に臨む外相ら=7日、ブリュッセル(外務省提供、共同)

林芳正外相は7日、訪問先のベルギーのブリュッセルで北大西洋条約機構(NATO)外相の関連会合に出席した。林氏はロシアによるウクライナ侵攻に関し「侵略を直接・間接的に支持している国がいることは憂慮されるべき事態だ。中国は、ウクライナ侵略について、いまなおロシアを非難していない」と述べ、中国の対応を名指しで批判した。

林氏は中国を念頭に、力による一方的な現状変更は「どの地域でも許されるものではない」と強調した。北朝鮮についても「ウクライナ侵略の間隙を利用してICBM(大陸間弾道ミサイル)級の弾道ミサイル発射を繰り返している」と非難した。

そのうえで、今回のロシアによる侵略が「新たな国際秩序創設の重要性を明らかにした」と指摘。「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、NATOとの連携を強化していく考えを表明した。

会員限定記事会員サービス詳細