豪裁判所がトヨタ車部品に欠陥認定 多額賠償の恐れ

トヨタ自動車本社に掲げられている旗(愛知県豊田市)
トヨタ自動車本社に掲げられている旗(愛知県豊田市)

オーストラリアの連邦裁判所は7日、トヨタ自動車のハイラックスなど3車種計約26万4千台のエンジンの「ディーゼル微粒子除去装置(DPF)」に欠陥があり、排ガスや燃費に問題を起こしていることを認める判決を言い渡した。公共放送ABCが報じた。

原告の弁護士によると、対象車種を購入した全員が集団訴訟を起こした場合、賠償額は計20億豪ドル(約1800億円)以上になるという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細