将棋名人戦、渡辺が3連覇に向け先勝

第80期名人戦七番勝負第1局を制し、名人3連覇に向けて白星スタートを切った渡辺明名人=7日、東京都渋谷区(日本将棋連盟提供)
第80期名人戦七番勝負第1局を制し、名人3連覇に向けて白星スタートを切った渡辺明名人=7日、東京都渋谷区(日本将棋連盟提供)

将棋の渡辺明名人(37)=棋王=に斎藤慎太郎八段(28)が挑戦する第80期名人戦七番勝負第1局が6、7の両日、東京都文京区で指され、先手の渡辺名人が107手で先勝し、好スタートを切った。今シリーズでは渡辺名人が3連覇を、2期連続挑戦の斎藤八段は初の名人獲得をそれぞれ目指す。

第2局は19、20の両日、金沢市で行われる。

終局後、渡辺名人は「(後手玉が)入玉模様だったので慎重にいった。休憩時間とか変更になったので感覚をつかんで次局以降に生かしていきたい」、斎藤八段は「後手番なので穏やかに指すべきだった。将棋の内容を良くしていかなければいけない」とそれぞれ語った。

会員限定記事会員サービス詳細