九州大跡地から人骨見つかる 切断痕も、事件か

7日午前11時25分ごろ、福岡市東区の九州大跡地で、解体作業中の関係者から人骨のようなものを発見したと110番があった。福岡県警によると、見つかったのは人の腰や両大腿(だいたい)部の骨で、肉片が残り、切断されたような痕が少なくとも1カ所あった。県警は死体損壊事件の疑いもあるとみて捜査している。

県警によると、成人とみられるが、性別や年代は不明。解体したがれきの中から見つかり、一部は白骨化していた。近くに身元を示すものはなかったという。

県警は他の部位を捜索するとともに、8日にも司法解剖して死因を調べる。

現場は福岡市地下鉄箱崎線箱崎九大前駅の東側にある住宅街に隣接。近くに住む50代の男性会社員は「長い間工事をしていたが、不審なことはなかった」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細