漫画家の藤子不二雄(A) さん死去 88歳 「忍者ハットリくん」など

インタビューに答える漫画家の藤子不二雄Ⓐさん=東京・一ツ橋の小学館(酒巻俊介撮影)
インタビューに答える漫画家の藤子不二雄Ⓐさん=東京・一ツ橋の小学館(酒巻俊介撮影)

「忍者ハットリくん」や「笑ゥせぇるすまん」など、多くの人気漫画を手掛けた漫画家の藤子不二雄(A) (ふじこ・ふじお・えー=本名・安孫子素雄=あびこ・もとお)さんが川崎市の自宅で死去したことが7日、分かった。88歳だった。

昭和9年、富山県出身。小学校の同級生だった藤本弘(藤子・F・不二雄)とコンビを組み、「藤子不二雄」の合同ペンネームを使う。26年、高校生で漫画家デビュー。新聞社勤務を経て29年に上京。豊島区のアパート「トキワ荘」に下宿し、石ノ森章太郎ら漫画家仲間と交友を深めた。

39年、オバケが巻き起こす騒動を面白おかしく描いた「オバケのQ太郎」が大ヒット。その後も忍者を主人公にしたギャグ漫画「忍者ハットリくん」などの少年漫画を発表し、テレビアニメも人気を博した。62年、藤本とのコンビを解消。漫画のほか、自作などを原作とした映画「少年時代」の製作やエッセー執筆など幅広く活躍した。

ほかの代表作に「怪物くん」「プロゴルファー猿」などの少年漫画、ブラックな要素を効かせた「魔太郎がくる‼」「笑ゥせぇるすまん」、自伝的漫画「まんが道」など。

平成17年、日本漫画家協会賞文部科学大臣賞。20年、旭日小綬章。

レジェンド支えた愛妻弁当 藤子不二雄(A)氏評伝

>トキワ荘ミュージアムに藤子不二雄(A)さん初訪問「20歳のころが蘇った」

>還暦の少年週刊まんが誌 サンデー・マガジンの草創期 (2)自由に描けた藤子不二雄 「サンデーが最初で良かった」

>藤子不二雄(A)さん 愛妻弁当を感謝のスケッチ 半世紀、病克服し作り続ける妻へ

会員限定記事会員サービス詳細