投打に奮闘の伊藤将を見殺し 阪神、悪夢の逆転負け

【DeNA―阪神】九回、完封目前でDeNAの牧に同点打を許す阪神の伊藤将=4月6日、甲子園(宮沢宗士郎撮影)
【DeNA―阪神】九回、完封目前でDeNAの牧に同点打を許す阪神の伊藤将=4月6日、甲子園(宮沢宗士郎撮影)

前夜に開幕からの連敗を9で止めた阪神は、連勝まであと1人としたところで悪夢が待っていた。6日行われた本拠地甲子園での今季2戦目。プロ初完封を目前にした伊藤将がDeNAの4番牧に同点打を浴びた。投打に奮闘した2年目左腕を援護できずに延長に入ると、十二回に一挙5点を許し、1-6で痛恨の逆転負けとなった。

伊藤将は打線の援護に恵まれなかった。得点は五回に2死一、二塁の好機に自らの適時打で挙げた1点のみ。それでも八回まで申し分ない投球でスコアボードにゼロを並べた。

前夜の西勇に続く完封勝利が目の前に迫った九回2死二塁。「あと一人」「あと一球」の思いを込めてファンがメガホンを打ち鳴らす中、打席に迎えたのはプロ入り同期の牧。ここまでは抑えていたが、フルカウントから投じたチェンジアップを右中間にはじき返された。直後の打席では代打を送られ、

試合は延長に入った後も膠着状態が続いたが、十二回に4番手の斎藤が四球と2安打で勝ち越し点を献上。代わった桐敷も1死満塁から途中出場の大田に走者一掃の適時二塁打を許すなど、この回5失点で終戦となった。

これで阪神は12球団最速の今季10敗目。前夜の快勝を上昇ムードにつなげられず、矢野監督は「あと一本が出なかった。(伊藤将は)仕事をしっかりやってくれた」と言葉を絞り出した。(上阪正人)

会員限定記事会員サービス詳細