参院石川補選告示 夏の前哨戦に4人届け出

自民党参院議員の辞職に伴う石川選挙区補欠選挙が7日告示され、自民前職で元経済産業政務官の宮本周司氏(51)=公明推薦▷立憲民主党新人で行政書士の小山田経子氏(43)=社民推薦▷共産党新人で党県書記長の西村祐士氏(67)▷「NHK受信料を支払わない国民を守る党」新人で実業家秘書の斉藤健一郎氏(41)-の4人が立候補を届け出た。与野党対決の構図で、夏の参院選の前哨戦となる。投開票は24日。

物価高騰を受けた緊急経済対策の在り方や新型コロナウイルス感染への対応が主要な争点となりそうだ。岸田文雄首相の半年間の政権運営についてもその是非が問われる。

今回の補選は、3月の石川県知事選に立候補した自民の山田修路前参院議員の辞職に伴い行われる。当選者の任期は令和7年7月28日まで。

自民は比例代表選出の現職だった宮本氏を選挙区に転出させて議席を死守する構え。野党側は政権批判票を取り込むなどして議席奪取を狙う。

会員限定記事会員サービス詳細