阪神―DeNAを延期 新型コロナ陽性者相次ぎ

プロ野球阪神は7日、兵庫県西宮市の甲子園球場で予定されていた阪神―DeNA3回戦の延期を発表した。DeNAの選手らに新型コロナウイルス感染者が相次いだため。DeNAによると牧秀悟内野手、戸柱恭孝捕手、倉本寿彦内野手、山下幸輝内野手、斎藤隆チーフ投手コーチとスタッフ1人が6日に受けたPCR検査で陽性判定を受けた。一部に鼻づまりなどの症状があるという。

石田健大投手、大田泰示外野手、桑原将志外野手、神里和毅外野手は濃厚接触の疑いがあり、自主隔離の措置を取った。6日に柴田竜拓内野手が陽性判定を受けていた。

試合開始予定だった午後6時まで2時間を切っての決定で、振り替えの日程は未定。プロ野球では2、3日の楽天―ソフトバンク(楽天生命パーク)の2試合が同様の理由で延期された。

会員限定記事会員サービス詳細