制服未着、不安の入学式 東京・多摩、中学や高校

「ムサシノ商店」の店舗に制服を受け取りに訪れた人たち=6日午後、東京都八王子市
「ムサシノ商店」の店舗に制服を受け取りに訪れた人たち=6日午後、東京都八王子市

東京都の多摩地域を中心とした中学や高校で入学式直前まで制服が届かないトラブルが相次ぐ中、多くの学校で7日、入学式当日を迎えた。受注した衣料品販売「ムサシノ商店」(東京都武蔵野市)は式までに届ける意向を示し、6日夜も配送作業を続けていた。

東京都教育委員会によると、同じ学校でも届いた人と未着の人がおり、制服セットの一部のみ届いたケースもあった。都立高などで制服が届かない場合、中学の制服や私服での入学式参加を認めるなど、生徒に配慮した対応を6日に各校へ指示していた。

ムサシノ商店と契約している都立高と特別支援学校の計68校は大半が7日に入学式の予定。

保護者からは不安の声が相次ぎ、ムサシノ商店はホームページに「新入生の納品に向けて急ぎ作業を進めています」とのおわびを掲載。ツイッター上では6日午後9時ごろに制服が届いたとの書き込みも見られた。

民間信用調査会社によると、ムサシノ商店は1944年創業。立川市や八王子市など多摩地域に6店舗を展開している。

会員限定記事会員サービス詳細