酒井海幕長が就任後初会見 「持続力とスピード感」

新たに海上自衛隊トップに就任した酒井良海上幕僚長=7日、防衛省
新たに海上自衛隊トップに就任した酒井良海上幕僚長=7日、防衛省

新たに海上自衛隊トップに就任した酒井良海上幕僚長(59)が7日、就任後初の記者会見を開いた。酒井氏は海自に求める能力として「持続力構築、スピード感ある意思決定」を挙げ、「長期作戦に耐え得る能力、環境変化に迅速に対応できる海上自衛隊を作り上げていきたい」と抱負を述べた。就任は3月30日付。

酒井氏は会見で、持続力構築について「高い負荷のかかる環境での作戦能力の持続、ロジスティクスや人的資源、部隊運用も含めた広範な分野での長期持続力を進めていきたい」とした。スピード感ある意思決定については「部隊が上級司令部に頼ることなく与えられた権限の中で成熟した能力を醸成する必要がある」と語った。これらは現状の海自に不足している点であることも指摘した。

会員限定記事会員サービス詳細