日本、石油国家備蓄放出へ 首相「制度開始以来初」

記者団の取材に応じる岸田文雄首相=7日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)
記者団の取材に応じる岸田文雄首相=7日午後、首相官邸(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は7日、国際エネルギー機関(IEA)の加盟国が協調して行う石油備蓄の放出で、日本として過去最大級となる1500万バレル(約240万キロリットル)を新たに放出する方針を表明した。官邸で記者団に明らかにした。3月に決めた初回の放出量750万バレルと比べ倍増となり、民間備蓄に加え、今回は国家備蓄からも放出する。供給懸念を理由とした国家備蓄からの放出は初。首相は「1978(昭和53)年に制度が始まって以来、初めて踏み切ることにした」と強調した。

ロシアのウクライナ侵攻に伴う原油価格の高騰を抑え込むため、国際社会との連携を強める姿勢を鮮明にした。国内消費量の8日分程度に当たる。

首相は、IEA加盟国が連携して計1億2千万バレルの石油備蓄を協調放出することを決めたと明らかにした。IEAによる協調放出はウクライナ侵攻後2度目。全体の放出量は前回の6千万バレルから倍増し、11月の中間選挙を意識して主導した米国が半分の6千万バレル分を負担する。

会員限定記事会員サービス詳細