松山が力強いスイング マスターズ会見後に練習、首の痛みの不安払拭

練習場で調整する松山英樹=オーガスタ・ナショナルGC(共同)
練習場で調整する松山英樹=オーガスタ・ナショナルGC(共同)

男子ゴルフで7日開幕のメジャー第1戦、マスターズ・トーナメントで2連覇を目指す松山英樹が5日、会場の米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCでの公式記者会見後に練習を行い、力強いスイングを披露した。

3月上旬から首周辺に痛みを訴え、前週の大会では第2ラウンドで途中棄権。状態が懸念される中、「振れるようになってきた。暗い感じには思っていない」と話した。

夜の大会恒例行事「チャンピオンズディナー」では、前回覇者としてホスト役を務め、メニューに和食を選んだ。すしと刺し身や盛り合わせ、焼き鳥、宮崎牛、ショートケーキなどで歴代王者をもてなした。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細