米オクラホマ、中絶は「重罪」 州下院で法案可決

米南部オクラホマ州の州下院は5日、人工妊娠中絶を重罪と位置付け、最大で禁錮10年と罰金10万ドル(約1240万円)を科す州法案を賛成多数で可決した。州上院は既に通過しており、スティット知事(共和党)は署名する意向を示している。成立すれば8月下旬から施行される見通し。米メディアが伝えた。

妊娠中絶は米世論を大きく二分するテーマ。連邦最高裁は1973年に中絶の権利を認める歴史的な判断を示したが、南部テキサス州で昨年9月に妊娠中絶をほぼ禁じる州法が施行され、共和党優位の州で規制強化の動きが相次いでいる。

オクラホマ州の法案は、母親ではなく医師が処罰の対象となる。母親に命の危険が迫っている場合を除き例外は認めないとしている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細