セベリーノは80試合停止 禁止物質に陽性反応のブルワーズ捕手

米大リーグ機構のロゴ
米大リーグ機構のロゴ

米大リーグ機構は5日、禁止物質に指定されているホルモン調節薬のクロミフェンに陽性反応を示したとして、ブルワーズの捕手セベリーノに80試合の出場停止処分を科したと発表した。昨季はオリオールズで113試合に出場し打率2割4分8厘、11本塁打、46打点だった。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細