松野ワクチン相始動 町村会長と意見交換

新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、全国町村会の荒木泰臣会長(画面)と意見交換する松野官房長官(右)=6日午後、首相官邸
新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、全国町村会の荒木泰臣会長(画面)と意見交換する松野官房長官(右)=6日午後、首相官邸

松野博一官房長官兼ワクチン担当相は6日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を加速させるため、全国町村会の荒木泰臣会長(熊本県嘉島町長)とオンラインで意見交換した。松野氏がワクチン担当相に就任後初めての本格的な公務となる。

意見交換会では、荒木氏が追加接種や小児接種の安全性について、政府の情報発信を強化するよう求めた。松野氏は「今後とも自治体の皆さまと連携を密にしていきたい」と伝えた。松野氏が同日の記者会見で明らかにした。

会員限定記事会員サービス詳細