米、台湾にミサイル運用技術を支援 国務省が承認、中国を牽制

米国務省=ワシントン(AP=共同)
米国務省=ワシントン(AP=共同)

米国務省は5日、台湾の地対空ミサイル「パトリオット」を運用、維持するための技術支援と関連装備の売却を承認し、議会に通知した。9500万ドル(約117億円)規模。台湾に軍事圧力を強める中国を牽制する狙いがある。台湾支援は超党派で支持されており、議会も承認するとみられる。中国の反発は必至だ。

バイデン政権は中国を「最も重大な戦略的競争相手」(国家防衛戦略)と位置付け、台湾軍事侵攻の抑止力を強化する方針。台湾関係法に基づき、台湾が自衛のために必要とする武器の供与や防衛支援を進める構え。

国防総省傘下の国防安全保障協力局は声明で技術支援が台湾の安全を向上させ、「地域の政治的安定や軍事バランスの維持にも資する」と指摘。中国には言及せず「地域的な脅威に対する抑止」に利用されるとした。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細