「友達いっぱいつくる」 コロナ下、マスク着用し入学式

入学式に参加する新入生と保護者ら。マスクの着用が義務付けられている =6日午後、東京都足立区の区立綾瀬小学校(鴨志田拓海撮影)
入学式に参加する新入生と保護者ら。マスクの着用が義務付けられている =6日午後、東京都足立区の区立綾瀬小学校(鴨志田拓海撮影)

新型コロナウイルス感染拡大から3度目の春となり、東京都内など各地の小学校で6日、入学式が行われた。新規感染者に占める10代以下の割合が増え、学校での感染防止策が大きな課題。それでも新入生は「友達をいっぱいつくる」と、マスク越しに無邪気な笑顔をのぞかせた。

新型コロナウイルス感染防止のため、受付付近には検温や消毒液が設置された=6日午後、東京都足立区の区立綾瀬小学校(鴨志田拓海撮影)
新型コロナウイルス感染防止のため、受付付近には検温や消毒液が設置された=6日午後、東京都足立区の区立綾瀬小学校(鴨志田拓海撮影)
入学式に臨む新入生ら。マスクの着用が義務付けられている =6日午後、東京都足立区の区立綾瀬小学校(鴨志田拓海撮影)
入学式に臨む新入生ら。マスクの着用が義務付けられている =6日午後、東京都足立区の区立綾瀬小学校(鴨志田拓海撮影)


会員限定記事会員サービス詳細