日医会長「第7波防止へ緊張感持った対策を」

日本医師会の中川俊男会長
日本医師会の中川俊男会長

日本医師会の中川俊男会長は6日の記者会見で、国内の新型コロナウイルス感染症の感染状況に関し「新年度に入りさまざまな行事が予定されているが、ここで第7波を招かないためには引き続き緊張感を持った感染対策を続けることが大切だ」と述べた。

中川氏は、感染のリバウンド(再拡大)が起きているかどうかについて問われると、オミクロン株の主流系統「BA・1」から感染力がより強い派生型「BA・2」に置き換わりが進んでいることなどを挙げ「(リバウンドの)兆しは十分にある」と強調した。

現在「2類相当」とされている新型コロナの感染症法上の位置づけについては「(季節性インフルエンザ相当の5類にすると)医療費の自己負担が生じ、(感染者が)医療機関を受診せずに感染がさらに拡大する懸念もある」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細