上皇ご夫妻、26日に「赤坂御所」ご入居

上皇ご夫妻は12日、お住まいの仙洞(せんとう)仮御所(東京都港区高輪)を退去される。宮内庁が6日、発表した。ご夫妻は荷物の搬送作業中、葉山御用邸(神奈川県葉山町)に滞在した後、26日に旧赤坂御所(港区元赤坂)に入居される。旧赤坂御所の名称はご入居後、「仙洞御所」となる予定。

代替わりに伴い、ご夫妻は令和2年3月、皇居・御所から仙洞仮御所に移られた。旧赤坂御所は天皇ご一家が3年9月、皇居に転居された後、エレベーターの設置などバリアフリー化を含めた改修工事を実施。今年3月にご夫妻がお住まいになる部分の工事が完了した。宮内庁によると、残りの改修はご夫妻のご入居後も、5、6月ごろまで続く見通しという。

宮内庁は当初、ご夫妻の仮御所ご滞在は最長1年半としていたが、新型コロナウイルスの感染拡大で皇居・御所の改修に遅れが出た影響で、半年ほど延長された。

会員限定記事会員サービス詳細