軍撤退前に殺害と米紙 衛星写真分析、露主張否定

ウクライナの首都キーウ近郊ブチャの通り沿いに並ぶ破壊された住居や装甲車の衛星画像=3月31日(マクサー・テクノロジーズ提供、ロイター=共同)
ウクライナの首都キーウ近郊ブチャの通り沿いに並ぶ破壊された住居や装甲車の衛星画像=3月31日(マクサー・テクノロジーズ提供、ロイター=共同)

米紙ニューヨーク・タイムズは4日、ウクライナの首都キーウ(キエフ)近郊ブチャの衛星写真と動画を同紙が分析したところ、多数の民間人殺害はロシア軍撤退前の同軍管理下で起きたことが分かったと伝えた。

ロシア軍撤退後に虐殺が起きたなどとするロシア側の主張は、事実ではないと指摘した。ロシア軍は先月30日前後に撤退したが、多くの殺害行為は3週間以上前に行われたとみられるという。

ウクライナの首都キーウ近郊ブチャの通りに立つ犬=4日(AP)
ウクライナの首都キーウ近郊ブチャの通りに立つ犬=4日(AP)

紙によると、ブチャの大通りに横たわっていた少なくとも11遺体については、衛星写真により、先月11日から倒れていたことが確認できた。遺体が写り始めたのは9日から11日にかけてで、この間に殺害されたとみられる。(共同)

ウクライナの首都キーウ近郊ブチャの衛星画像=3月18日(マクサー・テクノロジーズ提供、ロイター)
ウクライナの首都キーウ近郊ブチャの衛星画像=3月18日(マクサー・テクノロジーズ提供、ロイター)
砲撃により破壊された家屋=4日、ウクライナの首都キーウ近郊ブチャ(ロイター)
砲撃により破壊された家屋=4日、ウクライナの首都キーウ近郊ブチャ(ロイター)
自宅の庭で泣く女性(右)。ロシア軍に夫と甥を殺害されたという=4日、ウクライナの首都キーウ近郊ブチャ(AP)
自宅の庭で泣く女性(右)。ロシア軍に夫と甥を殺害されたという=4日、ウクライナの首都キーウ近郊ブチャ(AP)

会員限定記事会員サービス詳細