内村光良&田中卓志 冠番組の斬新なポスタービジュアル

「あしたの内村!!」と「呼び出し先生タナカ」(下)のポスタービジュアル(C)フジテレビ
「あしたの内村!!」と「呼び出し先生タナカ」(下)のポスタービジュアル(C)フジテレビ

18日からフジテレビ系でスタートする内村光良MCの「あしたの内村!!」(初回は後7・0から2時間SP、以降は月曜後8・0)。“あした”起きるかもしれないシチュエーションにどう対応すればいいのかを導き出す新感覚のシミュレーションバラエティーである。

特番としてこれまでに3回放送され好評だった。今回、進行役のレギュラーキャストとして吉村崇(平成ノブシコブシ)が加わり、完成したポスタービジュアルは“知らない世界をのぞき見る”という番組テーマを存分に表現している。

特番に出演していた吉村は「内村さんが全部を支えてくれるし、僕が間違えたとしても“よしわかった”と懐が広いのですごくやりやすい」とMCに絶大な信頼を寄せる。

一方、田中卓志(アンガールズ)がゴールデン帯で初のMCを務め、24日から同局系でスタートする「呼び出し先生タナカ」(初回は後7・0から3時間SP、以降は日曜後9・0)。

多ジャンルのゲストがタナカ先生に呼び出され“一斉テスト”に挑戦させられるお笑い教育バラエティーである。

ポスタービジュアルは“キモカワキャラ”で知られる田中のイメージを180度覆す、最強ともいえるカッコよさ。ブラックスーツに身を包み、ロックグラスを手に凜々しい表情でソファに座っている。そして、口に出たクールなせりふは…。

『そろそろ、教えなければならない時が来たか。』

広島大工学部卒の田中。新番組でタナカ先生としての“愛のムチ”が始まる。

また、レギュラーキャストに決まった長谷川忍(シソンヌ)は副担任・ハセガワ先生として登場。「タナカ先生が時々怒りに任せて興奮すると思うので、その時は手綱を引きつつも生徒たちの面白い部分を引き出していければ」と抱負を語る。

総合演出の同局・日置祐貴さんは「タナカ先生は当意即妙に生徒に話を振ったり、注意したりするだけでなく、時には自分から体を張って恥ずかしい姿をさらけ出し笑いを取りにいく新しいタイプの先生(MC)になってくれると思う。1年後には全国のみなさんが“田中さんのイメージはこのポスターどおりカッコいい”と思ってもらえることを目指し頑張りたい」と語った。

(産経デジタル)


会員限定記事会員サービス詳細