ホンダ GMと量販EV 27年以降、世界で発売

ホンダのロゴ
ホンダのロゴ

ホンダは5日、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)と量販価格帯の電気自動車(EV)を共同開発し、2027年以降に世界で販売すると発表した。車台のほか生産設備も共通化してコストを削減し、価格を抑える。小型スポーツタイプ多目的車(SUV)など複数車種の展開を検討している。

共同開発するEVは北米市場から順次投入し、ガソリン車と同等の価格帯を目指すという。日本や北米の両社の工場で生産する計画だ。

ホンダはGMと共同開発したEVを、24年に北米市場に投入する方針を既に発表している。

会員限定記事会員サービス詳細