トルコ首脳が露ウクライナ仲介説明 首相と電話会談

トルコのエルドアン大統領(AP)
トルコのエルドアン大統領(AP)

岸田文雄首相は5日、トルコのエルドアン大統領と電話会談を行った。首相はトルコがロシアのウクライナ侵攻を非難していることを評価し、「主権と領土の一体性」を尊重する国際秩序の根幹を守るため、緊密に連携することを確認した。

エルドアン氏は、トルコがロシアとウクライナの停戦交渉に向けて仲介に取り組んでいることを説明した。ロシアとウクライナの代表団はトルコ最大都市イスタンブールで停戦交渉を再開したばかり。1日にはエルドアン氏がプーチン露大統領と電話会談を行った。

首相とエルドアン氏は、国連安全保障理事会でロシアの侵攻を非難する決議案が同国の拒否権で否決された事態を受け、安保理の改革が必要だとの認識で一致した。

一方、首相は5日、バーレーンのハリファ首相とも電話会談を行い、国際原油市場の安定化に向けて連携することなどを確認した。

会員限定記事会員サービス詳細