ビブリオエッセー

日本人が世界に見せた心意気 「海賊とよばれた男」百田尚樹(講談社文庫)

原油価格の高騰が続いている。過去にも経験したオイルショックに思いが及ぶ。国際情勢や産油国の思惑などが複雑に絡む問題だけに目を離せないが、温暖化をめぐる脱炭素の潮流で悪者扱いされている石油がやはりなくては回らないことも再確認している次第。この小説は石油に生涯を賭けた男の物語である。

小説の主人公は国岡商店を一代で築いた国岡鐡造(てつぞう)。モデルが出光興産の出光佐三だということはよく知られている。鐡造は明治44年、北九州の門司で会社を旗揚げした。海賊と呼ばれたのは販売エリアが決まっていた石油を海の上で売るという前代未聞の商売をしたからだ。慣例にとらわれず、少しでも安く届けたい、そんな思いを持ち続け、人を大切にした。

私も過去に労務関係に携わってきたので驚いたのが、国岡商店は敗戦で壊滅的な打撃を受けながら再興に当たって従業員を誰一人馘首(かくしゅ)せず受け入れたことだ。人情経営の凄さだが、なにより社員がよく働いた。

終戦後の占領下で石油の確保はGHQとの駆け引きだった。さらに政府の統制や業界との確執に抗いながら鐡造は民族資本の石油会社を育て上げる。圧巻は現実の「日章丸事件」をなぞった、イランからの石油輸入という手に汗握る場面だろう。映画を見ていたので思い出しながら再読した。背景はイランと英国との石油をめぐる抗争だ。その裏事情が小説に詳しく解説されているが、まず英国、石油メジャーとの闘いであり、米国との駆け引きだった。

イラン革命をきっかけに起きた第2次オイルショックのことも思い出す。国岡商店が世界に見せた日本人の快挙は、復興と経済成長の精神につながったのではないか。いま改めて読んでほしい一冊である。

奈良市 伊藤敏彦(81)

投稿はペンネーム可。650字程度で住所、氏名、年齢と電話番号を明記し、〒556―8661 産経新聞「ビブリオエッセー」事務局まで。メールはbiblio@sankei.co.jp。題材となる本は流通している書籍に限り、絵本、漫画も含みます。採用の方のみ連絡、原稿は返却しません。二重投稿はお断りします。

会員限定記事会員サービス詳細