交通安全大使見習い、1歳パンダ楓浜始動

交通安全和歌山夢大使に就任する予定の楓浜=5日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド
交通安全和歌山夢大使に就任する予定の楓浜=5日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド

春の全国交通安全運動(6~15日)を前に、和歌山県白浜町のレジャー施設アドベンチャーワールドは5日、雌で1歳のジャイアントパンダ楓浜(ふうひん)に「春★えがお」と竹で作った文字をプレゼントした。楓浜は今夏、交通安全和歌山夢大使に就任する予定で、この日は見習いとして活動した。

楓浜は、竹文字と一緒に置かれた好物のリンゴやニンジンを勢いよく食べ、その後は地面に座り、ゆっくり竹をほおばっていた。

夢大使は子供が事故に巻き込まれず、夢に向かって育ってほしいとの願いから和歌山県警が令和元年、楓浜の姉、彩浜(さいひん)を任命。楓浜が後任として交通安全のPR活動に一役買う。

県警交通企画課の竹中将之管理官は「かわいらしい動きで関心をもってもらえる楓浜は、見習いとして合格。思いやりのある交通安全の輪が広がってほしい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細