フィギュア鍵山 中京大入学式に出席「新たな自分に進化」

鍵山優真(桐原正道撮影)
鍵山優真(桐原正道撮影)

フィギュアスケート男子で北京冬季五輪銀メダリストの鍵山優真(オリエンタルバイオ)が名古屋市中区で行われた中京大の入学式に新調した紺色のスーツ姿で出席し、「大学生活を楽しみながら、スケートでは新たな自分を生み出せるように進化していきたい」と抱負を語った。

3月の世界選手権では2年連続の2位。大きな飛躍を遂げたシーズンを「70点」と自己評価し、「もっといい演技ができるという可能性も感じられた。4年後の五輪でもっといい色のメダルを取れるように努力していかないといけない」と表情を引き締めた。

学内にあるスケートリンクを練習拠点とし、進学したスポーツ科学部競技スポーツ科学科では栄養面やトレーニング方法なども学ぶ。「スケートと学業を両立させて4年で卒業できるようにしたい」と意欲を見せた。

会員限定記事会員サービス詳細