門司学園副部長に1年謹慎 学生野球審査室会議

日本学生野球協会は5日、審査室会議で高校4件、大学1件の処分を決め、高校では門司学園(福岡)の副部長が飲酒運転により、昨年8月24日から1年間の謹慎処分を科された。

部員へのハラスメントがあった東都大学リーグ、立正大の監督は今年の3月21日まで3カ月の謹慎となった。

会員限定記事会員サービス詳細